つぶやき

いぶし銀オヤジの口臭対策日記 TOP > つぶやき

正しく歯を磨くことで歯周病を防ぐ

2016年7月24日 05:50 / カテゴリ:[ つぶやき ]

歯を磨くとき、長く磨けば歯周病も予防できると安易に思ってしまいます。
ただ、長く歯を磨いているだけでは、歯周病を予防することはできなくなってしまうのです。
歯周病を予防したいと思った時、長く歯を磨いたり、強い力で磨いてしまいますね。
ただ長く磨いていても細かな部分を磨けていなければ意味がありませんし、強い力で歯を磨くと表面のエナメル質が削れ、逆に歯を痛めてしまいます。
歯周病を防ぐためには、正しい歯の磨き方を歯科医院で教えてもらう必要があるのです。
歯科医院では、基本的な歯の磨き方に加え、それぞれの方の歯の形に合った磨き方も教えてくれます。
正しい磨き方を教われば、それ以後歯の細かい部分までケアすることができ、歯周病を予防することができるようになります。

口臭対策、舌苔ブラシの可否

2016年7月17日 12:23 / カテゴリ:[ つぶやき ]

口臭対策の基本は、食後、就寝前の丁寧な歯磨きです。
最近は一般的な歯ブラシ、ハミガキ剤のほかに、普通の歯ブラシでは届きにくい細部の汚れを落とす小さな歯ブラシ、歯間ブラシやフロスなど、オーラルケアグッズの種類が増えています。
オーラルケアグッズのなかでも目を引くのは、歯ではなく、舌の表面に付いた白い汚れを落とすブラシ、舌苔ブラシです。
舌苔ブラシは、独特の形状、やわらかめのブラシで、舌を傷つけることなくきれいに汚れを落とすことができます。
しかし、舌苔の色や付き方は、健康のバロメーターにもなるので、きれいに落とせばいいというものではないようです。
体調のよいときは、舌苔ブラシで落とさなくても、舌苔がたまることはありません。
舌苔ブラシの使用は、週1回程度にとどめましょう。

こちらは「息が臭い」に関してて、私がよく見るサイトです

歯周病予防に歯間ブラシを活用

2013年10月19日 09:37 / カテゴリ:[ つぶやき ]

私が歯周病対策として毎日心がけているのは、正しい歯ブラシのほかに歯間ブラシを利用することです。
歯と歯茎の隙間に食べ物が詰まったり、隙間が空いたりすることで歯周病になり重症化しやすいと聞いたからです。
歯磨きをしたあとに、歯と歯茎の間を歯間ブラシを使って丁寧に汚れをとります。
年齢と共に隙間ができやすくなるので、歯間ブラシは必需品です。
隙間にあわせて、歯間ブラシのサイズを変えて、ケアしています。
最初は面倒だった歯茎や歯のケアも、慣れてしまうと面倒な作業ではありません。
日々のちょっとしたケアを怠ることで、歯が抜けてしまったり、歯周病になって大変な思いをするぐらいなら、毎日の正しいケアを実践し続けていきたいと思っています。